GICとは

GICとは、県内において、緑や森林づくりに関わる環境保全活動に従事する団体の情報ネットワーク組織で、正式名称は「ひろしま緑づくりインフォメーションセンター」です。
なお、GICはGreen Information Centerの略です。

GICのホームページはこちら

発足の経緯

イメージ写真

広島県内では、地域でのボランティア活動として、「○○を守る会」のような団体が古くから活動しているところがありました。
平成の時代に入って、広島県のマツ林が松くい虫被害により荒廃が目立つようになったことで、一般の方たちから、何とかしなければという声も上がるようになり、また、森林ボランティア活動をしたいけれど、フィールドが無いなどという声も聞こえるようになりました。
このような中で、個別にグループができ、それぞれが活動を始めました。
今から10年前に、ボランティア活動の先駆け的存在の5団体の発案により、1998年9月15日に県民文化センターで『森林ボランティアフォーラム』が開催されました。
このなかで、各団体の情報や様々な情報を提供できるセンターが必要だという提案がなされ、GICが誕生することになりました。

設立年月日

平成11年3月24日(水)

代表者

瀬川千代子(愛する熱帯多雨林のために再生紙で名刺を作る会事務局長)

発起団体

広島県森林インストラクター連絡協議会、ひろしま人と樹の会、愛する熱帯多雨林のために再生紙で名刺を作る会、もりメイト倶楽部Hiroshima

事業内容

(1)広報事業
緑づくり及び森林に関わる環境保全活動に従事する会員団体の活動情報をまとめ、会員団体及び一般県民に広く情報提供する。
(2)交流事業
参加団体の親睦と相互理解を深めるため、共同イベントを企画・実施する。
(3)運営委員会
偶数月の第3木曜日にGIC運営委員会を開催し、情報交換を行う。
ボランティア
森林ボランティア情報
(社)広島県みどり推進機構 広島市中区基町10‐52 広島県農林水産局森林保全課内 TEL:082‐513-4840 FAX:082-223-3583 (C)Copyright 2006 (社)広島県みどり推進機構, All rights reserved.

社団法人 広島県みどり推進機構

緑・山・川・自然・森林|広島県みどり推進機構|森林ボランティア情報 緑・山・川・自然・森林|広島県みどり推進機構|GICとは